2017年ワールドカップ・コトブス大会:種目別平行棒の演技

2017 Individual Apparatus World Cup Cottbus (GER) EF PB


2017年種目別ワールドカップ・コトブス大会:平行棒の演技です。

TAN Di (CHN)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.ピアスキーBack Giant to 1 Rail HdstDIII
3.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
6.ササキ5/4 Front Strd to HangEI
7.バブサーBhavsarEIII
8.チッペルトTippeltDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:6.4
E:9.166
Score:15.566

ピアスキーから単棒ヒーリーにつなぐ。着地こそ動いたが中国勢らしい素晴らしい実施を見せ、高いEスコアを出す。


VERNIAIEV Oleg (UKR)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
3.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
4.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
5.マクーツMakutsEI
6.チッペルトTippeltDIII
7.バブサーBhavsarEIII
8.ヒーリーHealyDI
9.ピータースBack Toss 1/4 to HdstDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.7
E:8.466
Score:15.166

持ち前のDスコア6.7の構成を通す。ピータースの後の倒立で動いてしまった他、小さなミスが目立った。


NGUYEN Marcel (GER)


1.マクーツMakutsEI
2.ドミトリエンコDimitrenkoEII
3.モリスエMorisueDI
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
6.車輪ディアミドフGiant DiamidovDIII
7.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
8.ベーレBelleDIII
9.ヒーリーHealyDI
10.カトウ・ヒロユキDouble Back 1/1GIV

D:6.5
E:8.633
Score:15.133

2回宙返り技が多い構成だが、実施は良好で減点を最小限に抑える。終末技も月面を見事に決めた。


4th POLIASHOV Vladislav (RUS)


1.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
2.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
3.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
4.チッペルトTippeltDIII
5.正倒立ひねりPirouetteAI
6.バブサーBhavsarEIII
7.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
8.ヒーリーHealyDI
9.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:6.0
E:8.666
Score:14.666

前方2回宙返り腕支持は抜いているが、開脚前宙の腕支持から終末技に向かう独特の流れは健在。スムーズな演技を見せる。


5th RITTSCHIK Ivan (GER)


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
3.単棒ヒーリー腕支持1 Rail Healy to UACI
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.ディアミドフDiamidovCI
6.ディアミドフ1/4ひねり5/4 DiamidovDI
7.単棒横向き閉脚浮腰上がり倒立Side Glide L Up to HdstCIII
8.ヒーリーHealyDI
9.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:5.7
E:7.633
Score:13.333

単棒ヒーリーは支持の予定だったか。他にもバーの握り替えなどの減点箇所が目に付く。


6th LOPEZ Ruben (ESP)


1.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
2.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
3.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
4.懸垂前振り後方かかえ込み宙返りひねり腕支持Giant Back Toss 1/2DIII
5.前振り上がりFront UpriseAII
6.ハラダFront Uprise Back Toss 1/2DII
7.チッペルトTippeltDIII
8.ヒーリーHealyDI
9.後方棒上宙返り倒立Back Toss to HdstCI
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:5.6
E:7.400
Score:13.000

A難度技がトップ10に残る構成。着地で後ろに転倒してしまった。


7th PAKHNIUK Petro (UKR)


1.前振り上がりFront UpriseAII
2.後ろ振り倒立〈この後、落下〉Back Swing to HdstAI
3.シャルロBasket to 1 Rail HdstEIII
4.単棒ヒーリー1 Rail HealyEI
5.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
6.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
7.ヒーリーHealyDI
8.ピータースBack Toss 1/4 to HdstDI
9.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:5.8
E:7.166
Score:12.966

最初の車輪技で落下。バウマン(車輪マクーツ)(F)を狙ったか。その後はいい実施で着地も完璧だっただけに残念。


8th 宮地秀享 MIYACHI Hidetaka (JPN)


1.棒下振り出し腕支持Drop CastAIII
2.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
3.後ろ振り倒立Back Swing to HdstAI
4.ヒーリーHealyDI
シャルロ〈落下〉Basket to 1 Rail Hdst
5.伸腕屈身力倒立Pike Press to HdstBI
6.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
7.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
8.ディアミドフDiamidovCI
9.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
10.前方かかえ込み2回宙返り下りDouble FrontEIV

D:5.1
E:7.266
Score:12.366

シャルロで落下。単棒ヒーリーにもつなげなくなるため、大きくDスコアを下げる。予定のDスコアは5.9。



Dスコアは、上位選手は6点台中盤の戦い。中国の譚迪が素晴らしい実施を見せ、Dスコアで上回るベルニャイエフに大差を付けて優勝。今大会の中国勢はセンセーションを巻き起こしました。

ニューエンが持ち味を発揮した演技で3位に。下位は落下や転倒が出てしまい、日本の宮地も残念な結果となってしまいました。

この記事へのコメント