2017年ワールドカップ・コトブス大会:種目別つり輪の演技

2017 Individual Apparatus World Cup Cottbus (GER) EF SR


2017年種目別ワールドカップ・コトブス大会:つり輪の演技です。

RADIVILOV Igor (UKR)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.ナカヤマBack Lever to CrossDII
3.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.後ろ振り上がり十字倒立Back Uprise to Inv-CrossDIII
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.0
E:9.133
Score:15.133

ここ一番では最初に後転上水平(E)を入れたDスコア6.3の構成を使うが、今大会は難度を抑えた6.0。予選は着地で手を突いてしまい7位通過だったが、決勝では特に振動からの力技で素晴らしい決めを見せ、着地もピタリと止めてEスコア9.133をマークする。


LEI Peng (CHN)


1.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
2.バランディン2Vertical Pull Up to Inv-CrossFII
3.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
4.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
5.アザリアン(脚前挙)Back Roll to L-CrossDII
6.伸腕伸身中水平支持Press to MalteseEII
7.ヤマワキYamawakiCI
8.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.3
E:8.766
Score:15.066

難度の稼げるバランディン系の技を2つ入れ、Dスコアは世界トップクラスの6.3。実施も良い。着地はわずかに1歩跳ねる。


LAN Xingyu (CHN)


1.後ろ振り上がり十字倒立Back Uprise to Inv-CrossDIII
2.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
3.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
4.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
5.伸腕伸身中水平支持Press to MalteseEII
6.ヤマワキYamawakiCI
7.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
8.ナカヤマBack Lever to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1FIV

D:6.2
E:8.433
Score:14.633

力技の決めなど実施にはまだ甘さもあるが、終末技ではF難度の伸身新月面を見せ、Dスコアは6.2と高い。


4th LANKIN Dmitrii (RUS)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
7.アザリアンBack Roll to CrossDII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.0
E:8.533
Score:14.533

開脚上水平の決めが少し揺れたが全体としては終末技も含め良好な実施を見せる。


5th NGUYEN Marcel (GER)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
6.引き上げ脚前挙支持Press to L-SitCII
7.伸腕屈身力倒立Pike Press to HdstBII
8.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.8
E:8.700
Score:14.500

Dスコア5.8と難度を抑え実施で勝負する。終末技も伸身新月面(F)まで持つ選手だが今回は伸身月面。狙いどおりか、着地までピタリと決めて高いEスコアを出した。


6th CHEN Chih-Yu (TPE)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.け上がり十字懸垂Kip to CrossCIII
3.伸腕伸身力十字倒立Press to Inv-CrossEII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.後ろ振り上がり十字倒立Back Uprise to Inv-CrossDIII
6.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
7.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
8.ナカヤマBack Lever to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.1
E:8.400
Score:14.500

十字倒立を2つ入れた構成だが、やはり少なからず減点を伴うか。着地を止めたにも関わらずEスコアが伸びなかった。


7th LOPEZ Ruben (ESP)


1.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
2.中水平支持MalteseDII
3.ほん転逆上がり十字倒立Felge to Inv-CrossDIII
4.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
5.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
6.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
7.ヤマワキYamawakiCI
8.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
9.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.7
E:8.133
Score:13.833

難度は高くないが、力技の決めは良い。終末技が屈身気味になり着地も動いてしまった。


8th TOBA Andreas (GER)


1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
7.け上がり十字懸垂Kip to CrossCIII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:5.8
E:7.933
Score:13.733

力技や終末技の姿勢で減点されたか、Eスコアは伸びないが地元の大声援を受け健闘を見せる。



ラジヴィロフがDスコア6.0に抑えた構成で余裕の優勝を果たしましたが、やはりワールドカップでもつり輪の頂点に立とうとすると6.3程度は必要になってくるようです。

中国勢はあん馬に続いてダブル表彰台です。2位、3位のこの2人も国際大会初出場の選手。ともに1997年生まれの若手であり、やはり種目別では恐るべき層の厚さを誇ります。

この記事へのコメント