2017年世界選手権:種目別つり輪の演技

2017 Worlds Montreal (CAN) EF SR


2017年世界選手権・モントリオール大会:種目別つり輪の演技です。



PETROUNIAS Eleftherios (GRE)

1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
4.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
5.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.3
E:9.133
Score:15.433

動画は23:18から、またはこちらから。もはやおなじみの構成。実施は相変わらず見事だが、特に振動系からの決めが素晴らしい。着地はわずかに跳ねるが、高いEスコアを出す。


ABLIAZIN Denis (RUS)

1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
7.アザリアンBack Roll to CrossDII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1FIV

D:6.3
E:9.033
Score:15.333

動画は14:08から、またはこちらから。新たな下り技は今回は封印。後転系の捌き、振動系からの決め、力技の姿勢などいずれも良好。伸身新月面の着地もほぼ止める。


LIU Yang (CHN)

1.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
2.バランディン2Vertical Pull Up to Inv-CrossFII
3.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
4.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
5.引き上げ上水平支持Press to PlancheDII
6.ヤマワキYamawakiCI
7.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
8.ナカヤマBack Lever to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.3
E:8.966
Score:15.266

動画は26:52から、またはこちらから。素晴らしい十字倒立の姿勢を見せる。伸腕伸身力十字倒立(E)が使えなくなったため、引き上げ上水平に替えている。着地は前に少し跳ねる。


4th AIT SAID Samir (FRA)

1.ザネッティBack Lever Press to PlancheFII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.ヤマワキYamawakiCI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
8.ナカヤマBack Lever to CrossDII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.2
E:9.058
Score:15.258

動画は17:28から、またはこちらから。上水平でF難度が取れるザネッティから入る。力技の決めが良く、ナカヤマではゆっくりとしたいい捌きを見せる。着地も決めてペトロウニアスに次ぐEスコアを出した。


5th COLAK Ibrahim (TUR)

1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.ナカヤマBack Lever to CrossDII
8.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
9.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
10.前方屈身2回宙返り下りDouble Front PkDIV

D:6.2
E:8.866
Score:15.066

動画は5:20から、またはこちらから。いつものDスコア6.2の構成。全体的に良好な実施で着地も止めたが、思ったよりEスコアが伸びなかったか。


6th RADIVILOV Igor (UKR)

1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.ナカヤマBack Lever to CrossDII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり十字倒立Back Uprise to Inv-CrossDIII
7.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
8.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:6.3
E:8.633
Score:14.933

動画は8:32から、またはこちらから。振動倒立の決めがほんのわずかだが甘かったか。着地も横に跳ねる。


7th ZANETTI Arthur (BRA)

1.後方伸腕伸身逆上がり上水平支持Back Roll to PlancheEII
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後方け上がり中水平支持Back Kip to MalteseEIII
4.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
5.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
6.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
7.ナカヤマBack Lever to CrossDII
8.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.2
E:8.700
Score:14.900

動画は11:20から、またはこちらから。中水平の姿勢が少し高い印象。最後の振動倒立がやや決まらなかった。着地もわずかに跳ねた。


8th TULLOCH Courtney (GBR)

1.バランディン2Vertical Pull Up to Inv-CrossFII
2.バランディン3Vertical Pull Up to PlancheEII
3.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
6.ナカヤマBack Lever to CrossDII
7.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
8.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.後方伸身2回宙返り1回ひねり下りDouble Back Lay 1/1DIV

D:6.4
E:8.133
Score:14.533

動画は20:24から、またはこちらから。バランティン系の技から入る。世界最高となるDスコア6.4を誇るが、後半に技のきめが甘くなってしまう。着地も大きく踏み出してしまった。



つり輪は今サイクルも究極の実施勝負。大きなミスが出にくい種目であるため、Eスコアはほんのわずかな姿勢や決めの差が響いてきます。中でも着地は非常に重要です。Dスコアは6.3が標準となっているのが現状ですが、今後、東京オリンピックに向けては終末技の発展などでもう少しDスコアにばらつきが出てくるのではないかと予想しています。

優勝はオリンピック金メダリストのペトロウニアス。2015年以降、ヨーロッパ選手権や世界選手権といった主要大会で優勝を逃したことがありません。2位アブリャジンの実施も光りました。復帰のアイ・サイドはいい実施を見せましたが、Dスコアの差でわずかに表彰台に届きませんでした。

この記事へのコメント