肖若騰 - 2017年世界選手権:個人総合の演技

XIAO Ruoteng (CHN)
2017 Worlds Montreal (CAN) AA


2017年世界選手権・モントリオール大会、内村航平のいない個人総合決勝を制したのは肖若騰(中国)でした。その演技を確認しておきましょう。

#1 ゆか FX


1.後方伸身宙返り7/2ひねりBack Lay 7/2EIII
2.~前方伸身宙返りひねり+ Front Lay 1/2BII(CV:0.1)
3.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
4.~前方伸身宙返り3/2ひねり+ Front Lay 3/2CII(CV:0.1)
5.後方伸身2回宙返りDouble Back LayDIII
6.前方伸身宙返り5/2ひねりFront Lay 5/2EII
7.シュピンデル・ゴゴラーゼ1/1 Spindle to GogoladzeDI
8.ゴゴラーゼGogoladzeCI
9.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:5.9
E:8.533
Score:14.433

2回宙返りは伸身ダブルのみでひねり技主体の構成。ひねり技の度数の正確性が気になる。演技はまとめてまずまずのスタートを切る。


#2 あん馬 PH


1.マジャール・シュピンデルLoop 1/1 SpindleDII
2.トン・フェイTong FeiDIII
3.Eフロップ4 FlopsEII
4.正交差倒立Front Scissor to HdstDI
5.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
6.Dコンバイン2 Flops + R180DII
7.馬端馬背ロシアン1080°転向Leather Russian 1080DII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:6.1
E:8.700
Score:14.800

ブスナリ(F)も持つがここでは温存。安定した演技を見せる。


#3 つり輪 SR


1.後ろ振り上がり開脚上水平支持Back Uprise to Strd PlancheCIII
2.中水平支持MalteseDII
3.ヤマワキYamawakiCI
4.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
5.ナカヤマBack Lever to CrossDII
6.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.7
E:8.100
Score:13.800

開脚上水平から入る珍しい構成。力技の姿勢や静止時間など細かな減点はあると思われるが、全体として目立ったミスなく演技を通し、着地もごくわずかな1歩に抑える。


#4 跳馬 VT


DEPenScore
ロペスKasamatsu Lay 2/15.69.30014.900

力を抜いた助走からロペスを軽々と跳ぶ。ひねりにも余裕があり、着地もほぼ収めて高得点を出す。


#5 平行棒 PB


1.ドミトリエンコDimitrenkoEII
2.ヒーリーHealyDI
3.前振りひねり倒立Stützkehr to HdstCI
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
6.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
7.ベーレBelleDIII
8.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
9.チッペルトTippeltDIII
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:6.0
E:8.600
Score:14.600

5月の中国選手権と技の順番は変わっているがDスコアは同じ。屈身ダブルの着地は大きく動いたが、Eスコアは思ったより出た。


#6 鉄棒 HB


1.伸身トカチェフTkatchev LayDII
2.モズニクMoznikEII
3.アドラーひねりJam 1/2DIII
4.トカチェフTkatchevCII
5.リンチLynchDII
6.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
7.ヤマワキYamawakiDII
8.エンドー1回ひねり大逆手Endo 1/1 to ElDIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.0
E:8.400
Score:14.400

大技リューキン(F)や終末技のフェドルチェンコ(F)を温存した抑え目の構成。着地まで止めて6種目を大過失なく通す。

Total Score:86.933 (Total D:35.3)
Rank:1st



誰が勝っても世界選手権としては10年ぶりとなる新チャンピオン、その座に輝いたのは中国の肖若騰でした。今シーズンは中国選手権や中国全運会を制した林超攀が好調と思われましたが、世界選手権に入ってからは肖若騰の方が調子がよく、予選を2位で通過し、決勝も目立ったミスなく6種目を通して優勝を果たしました。

あん馬や鉄棒が得意種目で難度の高い技も持ちますが、今大会はそれを抑えて実施を優先しました。そのため、特に際立ったDスコアの種目はなく、各種目ごとの順位もあん馬2位、跳馬・鉄棒で3位ですが1位の種目はありません。合計Dスコアの35.3も特段高いものではありませんでした。それでも、競技中の暫定順位は常に3位以内、まさに安定感、総合力の勝利だったと言えるでしょう。

この記事へのコメント