セルゲイ・エルツォフ - 2017年ワールドチャレンジカップ・オシエク大会:平行棒の演技

ELTCOV Sergei (RUS)
2017 World Challenge Cup Osijek (CRO) EF PB


NHK杯と同じ日に開催されていたワールドチャレンジカップ・オシエク大会からセルゲイ・エルツォフ(ロシア)の平行棒の演技です。

2017年のルール改訂で格上げになった技、テハダ(棒下宙返り後方かかえ込み宙返り腕支持)を入れています。体の開きも見られなかなか良い実施ではないかと思います。一方、車輪は単棒で持っていますが、ヒーリーにはいけなかったのでしょうか。

終末技での脚の割れは気になりますが、中技は全体的に実施が良く8.800という高いEスコアを出しました。Dスコアが高かったホシマール・カルボ(スペイン)に決定点でわずか0.067及びませんでしたが、見事2位に入っています。


1.後ろ振り上がり前方屈身宙返り支持Back Uprise Front Pk to SupDII
2.後ろ振り倒立Back Swing to HdstAI
3.テハダTejadaEIII
4.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
5.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
6.後方車輪倒立Back Giant to HdstCIII
7.ヒーリーHealyDI
8.ディアミドフDiamidovCI
9.懸垂前振り後方かかえ込み宙返りひねり腕支持Giant Back Toss 1/2DIII
10.前方かかえ込み2回宙返りひねり下りDouble Front 1/2FIV

D:5.9
E:8.800
Score:14.700
Rank:2nd

この記事へのコメント