内村航平 - 2017年全日本選手権:個人総合の演技

UCHIMURA Kohei (JPN)
2017 JPN Nationals AA


2017年の全日本選手権は内村航平の10連覇となりました。動画はありませんが、注目された演技構成を確認しておきましょう。

20170410_01.jpg

#1 ゆか FX

1.前方伸身宙返り1回ひねりFront Lay 1/1CII
2.~前方伸身宙返り5/2ひねり+ Front Lay 5/2EII(CV:0.1)
3.後方伸身宙返り5/2ひねりBack Lay 5/2DIII
4.~前方伸身宙返り2回ひねり+ Front Lay 2/1DII(CV:0.2)
5.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねりDouble Back 2/1EIII
6.後方伸身宙返り3/2ひねりBack Lay 3/2CIII
7.~前方伸身宙返り3/2ひねり+ Front Lay 3/2CII
8.フェドルチェンコFedorchenkoCI
9.後方伸身宙返り2回ひねりBack Lay 2/1CIII
10.後方伸身宙返り3回ひねりBack Lay 3/1DIII

D:6.0
E:8.900
Score:14.900

前方1回~前方5/2、後方5/2~前方2回といった高難度の組合せは健在だが、後半は難度を抑えた構成になっている。2016年のDスコアは6.9だったため、実質0.4のダウン。うち0.1は組合せ加点の適用が2回までになったことによるものであり、技の難度としては0.3落としていることになる。


#2 あん馬 PH

1.逆交差倒立Back Scissor to HdstDI
2.横向き旋回CircleAII
3.一把手上縦向き旋回Pommel LoopBII
4.Eフロップ4 FlopsEII
5.Dコンバイン2 Flops + R180DII
6.ロスRussian Travel 3/3 360DIII
7.ウ・グォニアンRussian Travel 3/3 720EIII
8.マジャールMagyarDIII
9.シバドSivadoDIII
10.一把手上縦向き旋回倒立3/3移動下りP Loop to Hdst Travel 3/3DIV

D:5.7
E:8.350
Score:14.050

構成そのものは2016年までと変わっていない。セア倒立の要件変更や、フロップとコンバインの連続に関するルール改訂にはしっかり対応している。最後の倒立下りで移動中に崩れかかるという珍しいミスが出る。


#3 つり輪 SR

1.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
2.中水平支持MalteseDII
3.アザリアンBack Roll to CrossDII
4.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.ヤマワキYamawakiCI
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
9.後方車輪倒立経過Back Giant thru HdstBI
10.後方かかえ込み2回宙返り2回ひねり下りDouble Back 2/1EIV

D:5.7
E:8.300
Score:14.000

テレビ放映では映らなかったが、日本体操協会の公式ブログによれば2016年までと変わらぬこの構成。もともとルール改訂の影響を受けない構成であった。


#4 跳馬 VT

DEPenScore
シューフェルトYurchenko Lay 5/25.29.30014.500

跳馬は難度を抑えてシューフェルト。着地は両足で小さく1歩跳ねる。


#5 平行棒 PB

1.前振り上がりFront UpriseAII
2.ヒーリーHealyDI
3.棒下宙返りひねり倒立Basket 1/2 to HdstEIII
4.棒下宙返り倒立Basket to HdstDIII
5.ベーレBelleDIII
6.ハラダFront Uprise Back Toss 1/2DII
7.モリスエMorisueDI
8.懸垂前振り後方かかえ込み宙返りひねり腕支持Giant Back Toss 1/2DIII
9.前方開脚5/4宙返り腕支持5/4 Front StrdDI
10.後方屈身2回宙返り下りDouble Back PkDIV

D:5.8
E:8.650
Score:14.450

予選でミスがあったマクーツ(E)を抜いてきた。ベーレもかかえ込みにしている。平行棒も2016年までと同じ構成を予定していたものと思われ、マクーツを入れ、屈身ベーレ(E)にした場合はDスコア6.3となる。着地はピタリと止めた。


#6 鉄棒 HB

1.屈身コバチKovacs PkEII
2.カッシーナCassinaGII
3.シュタルダーとび3/2ひねり片大逆手Stalder Hop 3/2 to MGDIII
4.アドラーひねりJam 1/2DIII
5.コールマンKolmanEII
6.アドラー1回ひねり片逆手Jam 1/1 to MGDIII
7.ヤマワキYamawakiDII
8.エンドーEndoBIII
9.後方とび車輪1回ひねりHop 1/1CI
10.後方伸身2回宙返り2回ひねり下りDouble Back Lay 2/1EIV

D:6.3
E:8.150
Score:14.450

鉄棒も2016年までと同じ構成。バー上の技との組合せ加点はなくなったが、これまでと同じ連続技を行っている。手放し技がいずれも近くなり、全て肘の曲がった処理になったが、絶対に落下できないという状況を判断してのものか。着地は手を回したがしっかり止める。

Total Score:86.350 (Total D:34.7)
Rank:1st



予選は平行棒などでミスがありまさかの4位通過となった内村ですが、その点差などから決勝はミスさえなければ10連覇は揺るがないものと思われました。しかし、あん馬のミスや平行棒の技回避などでその決勝も思わぬ接戦になります。4種目目を終えた時点では先に得意種目を終えた野々村笙吾がトップに立ち、5種目目を終えた時点でも谷川航と白井健三が0.050差で同点トップに立つといった状況でした。

背中を痛めていたことなども報じられていましたが、特に後半種目は非常に苦しい表情を浮かべながらの試合運び。鉄棒は「今までで一番悪い」出来だったといい、最終結果は平行棒、鉄棒で得点を伸ばしてきた田中佑典を0.050差でかわすというこれまでにない薄氷の勝利でした。

しかし、やはり内村は強かったというのが大多数の率直な思いではあるでしょう。予選では白井ら大学3年生世代の躍進が話題となりましたが、6種目の総合力で確実に内村を上回るにはもう少し時間がかかりそうです。5月のNHK杯ではいつものゼッケン1番を付け、体調や試合勘といったものも回復して、2位以下を寄せ付けない戦いをするキングがいるような気がします。

この記事へのコメント