イブラヒム・チョラック - 2017年ワールドカップ・メルボルン大会:つり輪の演技

COLAK Ibrahim (TUR)
2017 Individual Apparatus World Cup Melbourne (AUS) QF SR


2017年種目別ワールドカップ・メルボルン大会の予選から、イブラヒム・チョラック(トルコ)のつり輪の演技です。

最初に懸垂から脚上挙十字懸垂に引き上げる技を行っています。難度表には「懸垂から伸腕で引き上げ十字懸垂」というD難度の技はありますが、脚上挙十字懸垂になる技は載っていません。伸腕かと言われると微妙な実施ではありますが、Dスコアから逆算するにどうやらE難度の新技として判定されているようです。脚上挙十字懸垂になる技はほぼ出揃ったと思っていましたが、これが残っていました。

チョラックも決勝ではこの技を抜いています。決勝は2016年までの構成をベースとするこなれたもので、後転上水平(E)やナカヤマ(D)が入りDスコアも6.2と上がっています。果たしてこの新技を今後見ることはあるでしょうか。


1.懸垂から伸腕で引き上げ脚上挙十字懸垂Vertical Pull Up to V-CrossE?II
2.後方伸腕伸身逆上がり中水平支持Back Roll to MalteseFII
3.後ろ振り上がり上水平支持Back Uprise to PlancheDIII
4.ヤマワキYamawakiCI
5.屈身ヤマワキYamawaki PkDI
6.後ろ振り上がり中水平支持Back Uprise to MalteseEIII
7.ホンマ十字懸垂Whippet to CrossDIII
8.後ろ振り上がり倒立Back Uprise to HdstCI
9.ほん転逆上がり倒立Felge to HdstCI
10.前方屈身2回宙返り下りDouble Front PkDIV

D:6.1
E:8.433
Score:14.533
QF Rank:2nd

この記事へのコメント